うみさんぽ

2015 新築

大分県大分市の水族館「うみたまご」の屋外施設の拡張にあたって公募された、海の動物をイメージした遊べるアートの設計競技にて、グランプリを獲得した作品「うみさんぽ」である。子供から大人までがチョークで落書きを楽しむ貝殻型のドーム「シェリー・キャンバス」、螺旋状のイワシの群れを連想させる木製滑り台の「イワシ玉・スライダー」、カラフルな消波ブロックをサンゴに見立て、様々な遊びを想起させる「サンゴ・めいろ」の3点。ここで遊ぶ人々を海の生き物、別府の大空を海中に見立て、そこを散歩し渡り歩くような情景をイメージしている。

14_05_UPA_i_2-

14_05_UPA_i_3-

14_05_UPA_i_4-

14_05_UPA_ii_1-

14_05_UPA_ii_3-

14_05_UPA_ii_4-

14_05_UPA_ii_5-

14_05_UPA_iii_1-

14_05_UPA_iii_3-

14_05_UPA_iv_1-

設計:KONNO+日本工業大学金野研究室
構造設計:鈴木啓、木村洋介(ASA)
所在地:大分県大分市 水族館うみたまご内 あそびーち
施工・製作:
シェリー・キャンバス:アンス・アート
いわし玉・スライダー:幸商事
さんご・めいろ:レンゾー工房
金物:梶原工業
竣工:2015.04.
写真:KONNO

屋外施設・建築設計:安田アトリエ