二連旗竿の住宅

2016 新築

東京都三鷹市の住宅。かつて武蔵野台地における短冊状の新田村落として開拓されたこの地域には、現在、短冊を細分化した敷地に加えて生産緑地などによる緑豊かな環境が保たれている。計画の旗竿状敷地は、南側の竿となる通路部分に、さらに奥の隣地の引込み通路が重なり、二本の竿部分が豊かな空地を生んでいる。この敷地の特性を、当分は南面空地が保証された環境と捉え、その価値を最大化するような住宅のあり方を考えた。
敷地南側のバタフライ屋根のボリュームには、大きな吹抜けと明るい浴室、ピロティ、ロッジアといった光や空気の変化に富む“南室”を配し、北側の切妻ボリュームには、キッチンやリビング、2階の可動間仕切りを備えた寝室など静かな時を過ごす“北室”を配した。周辺の大らかさを含んだ南室と機能空間である北室、この対比的な2つの空間が、住み手の一日のふるまいによって結ばれ、豊かな空間が立ち上がることを目指している。

15_05_KNN_01-15_05_KNN_02-15_05_KNN_03- 15_05_KNN_04-15_05_KNN_05-   15_05_KNN_06- 15_05_KNN_07+-15_05_KNN_08-15_05_KNN_09-15_05_KNN_10-15_05_KNN_11-15_05_KNN_12-     –

所在地:東京都三鷹市
構造:鈴木啓 / ASA
造園:徳光充子 / TOKUZOU
施工:工藤工務店
敷地面積:126.78㎡
建築面積:44.68㎡
延べ床面積:76.31㎡
構造:木造
階数:地上2階
竣工:2016.12.