鈴木文化シェアハウス / Suzuki Bunka Share House

2012 改修・改築

築後 38 年を経て老朽化が進んだ木造共同住宅の 部分的な改修である。周囲は高齢化が急激に進む 都市部の住宅地。2階建ての全 8 戸のうち、1階 の連続する3戸の改修が施主の依頼えあった。それらの条件に対し私たちは、各住戸の単なる改修ではなく、界壁の一部をなくし集約した水廻りを 設けた共同スペースと、3 つの個室をもつシェアハ ウスへと変更し、その共同スペースを出来る限り 地域に開く提案を行った。極めて小さな空間的実践だが、巷に溢れる「木賃アパート」というビルディングタイプが持続的な町づくりの手がかりとなる ことを確信している。

12_02_SBSH_001-12_02_SBSH_002-12_02_SBSH_003-12_02_SBSH_004-12_02_SBSH_005-12_02_SBSH_006-12_02_SBSH_009_old-12_02_SBSH_010-12_02_SBSH_011-

企画・デザイン:KONNO+神戸芸術工科大学神撫町・禅昌寺町プロジェクトチーム(川北健雄・花田佳明・金子晋也・金野千恵)
協力:安田利宏 / ランドサット
所在地:兵庫県神戸市
施工:住僖
主要用途:シェア・ハウス
敷地面積:294.75㎡
建築面積:164.09㎡
改修延べ床面積:107.55㎡
構造:木造
階数:地上2階
竣工:2012.12.

写真クレジット(no.001〜006):多田ユウコ